健康で美しく~夏バテ防止に麹。トマト麹は万能調味料、甘酒は飲む点滴。

京都錦市場で購入した麹で、トマト麹と甘酒を作りました。気温が高いので発酵もスムーズ、ビタミンB郡など体の調子を整えてくれるものが豊富に含まれているので夏バテ予防にもなります。

トマト麹はそのまま食べてケチャップ代わりに、オリーブオイルと混ぜてパスタに、お肉に漬けこんでも美味しく活用できます。甘酒は美肌効果、整腸作用、疲労回復など驚く効果効用があるそうです。
この夏麹で美しく健康になりましょう。

トマト麹は


塩麹は料理の旨みをアップし、酵素が豊富なのでお肉が柔らかくなる。

冷蔵庫で熟成させて1週間、50分の燻製後“自家製ベーコン”が出来上がりました。

豚バラの塊に塩とハーブを揉みこんで、冷蔵庫で1週間熟成後、50分かけて燻製して“手作りベーコン”が出来上がりました。やはり美味しいものには時間がかかります。自家製ベーコンを使った“ベーコンエピ”も最高に美味しいです。燻製が終わってからも脂の落ちる音が止まりません。とってもジューシーです。

キムジャン料理教室

京都“FACTORY KAFE工船”で行われた、「キムジャン料理教室」に行ってきました。雑誌・テレビなどでも活躍中の重信初江先生によるキムチの作り方講座です。韓国の地元の方とキムチ作りに参加されたこともある重信先生からは、楽しいお話やポイントなど得るものが多い料理講習会でした。キムチは作る人で味が変わる、まさしく手の味のお料理だそうです。

試食会はキムジャンの時に食べるポッサム付きです。(ゆで豚を付けたキムチと共に食べる料理)デザートと美味しいコーヒーもいただきました。満腹です~!

 

 

東京1泊パン教室

東京のパン教室終了後、立ち寄ったお店

その① “セントラル ザ・ベーカリー” 朝早くからパンを買うためにお店の前で待つこと約1時間。あまりの寒さにお店からホカロンの配給がありました。待っている間に後ろの方から“乃が美”のうわさが聞こえてきます、さすが乃が美!購入したのはそのまま食べても美味しい角食パンと、トーストがおすすめのイギリスパンです。どちらも毎日食べたいきちんとしたパンでした。

その② “ペリカン”浅草 田原町で昭和17年から続く老舗。ちょっとレトロでこれがまたおしゃれなパン屋さんです。食パンとロールパンしか販売しておらず、店先のお姉さんに声をかけ購入します。もちろんこちらも列に並びました。今どきのふわふわ食パンとは違いますが、みっちり&ずっしりだけど重たく感じない、気取らないパン。シンプルに美味しい。

その③ “365日と日本橋” 開店と同時の7時30分に伺いましたが、すでにここもまた行列。どうして東京はこんなに行列が好きなんだろう~???と思いつつ私も並ばなければ買えないので、しぶしぶ並び…ました。絶品スイーツパン・クロッカンショコラと食パン、粉に対して水分量が100%のソンプルサンを購入しました。購入した商品によって異なる包装もめっちゃ可愛いかったです ♡

3軒回って前日のレッスンのパンと、合わせて紙袋山盛り2袋もって、やっと大阪に戻ってきました。とにかく重かった~でもまた行きたいです~。

 

 

 

ドイツのクリスマスマーケットとパン屋さん

ドイツのクリスマスマーケットに行ってきました。ここはドイツで最も古いクリスマス市の一つ、“フランクフルター・ヴァイナハツマルクト”です。フランクフルトのレイマー広場やその周辺に200もの屋台が並びます。たくさんの人が訪れる賑やかな市でした。


添加物を一切使用せず、100%オーガニックの素材のみで作っている、フランクフルトのお店。人気のシナモンロールや色々な渦巻きパン・伝統的なドイツパンなどを求めるお客さんで長蛇の列でした。ちょっとおしゃれなパン屋、“Zeit für Brot”


フランクフルトの昔からあるとても伝統的なパン屋「Bäckerei Hanss」です。大きいドイツパンやドイツ菓子が種類も豊富に並んでいますが、幾つか賞を受賞したシュトーレンをゲットしました。アーモンドプードルとオレンジピールたっぷりのやさしい味で、とても食べやすい!


製粉所が経営する自然派のお店 “Knapp & Wenig ”
1921年創業の製粉所が、7年前に開いたミュンヘンのパン屋。上質の粉を使い、添加物不使用、人工着色料も甘味料も不使用のパンは評判が高いらしい。プレッツェルが美味しかった。


賑やかなクリスマスマーケットを訪れ、あったか~いホットワインを飲み、美味しいソーセージを食べ、ビアホールでビールを乾杯!、本場のプレッツェル・ドイツパン・シュトーレンを堪能し、美術館・古城でドイツの歴史と文化に出会いました。12月のドイツおすすめします。

 

パンと中国地方の旅

大阪から車で約3時間、お目当てのお店“タルマーリー”さんに着きました。鳥取県智頭町の里山の中で野生酵母の菌を使った自家製酵母パンのお店です。あいにく月曜日はcafeのみの営業だったので、ゴーダチーズ&旬野菜のバーガーサンドと、色々な種類を一切れずつ蒸したパンの盛り合わせをいただきました。サンドのお野菜が美味しいのとシンプルで素朴な味わいのパンを堪能してきました。

2件目は島根県、世界遺産「石見銀山」近くの“ベッカライヒダカ”さんです。オーナーの日高さんはドイツで修業され、国家資格『ドイツ製パンマイスター』を取得した方だそうです。もちろんプレッツェルは美味!シュトーレンは予約済みでGet! その他ライ麦パンやフルーツ・野菜を取り入れたパン・ドイツ菓子など、種類も豊富でした。

帰りに寄ろうと思っていたのに通り過ぎてしまったのは、大山近くの“小さじいち”さんです。大山を眺めながら食べたかった∼残念。

 

 

 

 

 

薬膳ランチ アジアンテラス Chuan

奈良市登美ヶ丘の台湾薬膳スープのお店『アジアンテラス chuan』さんへ行ってきました。その日の気候・気温などを考えて作られたとても丁寧なお食事です。今日はちまきご飯・水餃子や柿の白和えなど…

薬膳スープは4種類の中から選べます。どれにしようか迷っていると合ったスープを選んでいただけます。エネルギーを感じる温かいスープです。

お話もたくさん聞けて、白きくらげのデザートも美味しかった!ご馳走様でした。

 

 

 

栗の渋皮煮

今年のパンに使う栗の渋皮煮は、大きくて美味しい丹波栗です。何度もゆでこぼしてしっかりアクを抜いて、煮詰めては冷まし味を煮含める作業を何度か繰り返し、たくさんの栗の渋皮煮が完成します。時間のかかる作業ですが、私にとっては年に一度ほのぼのと栗に向き合うひとときです。もうひと頑張りいたします~。10月のレッスンではゴルゴンゾーラと組み合わせて美味しいパンに仕上げますね。